dareru

歯の矯正治療を考えている人に中に裏側矯正をしてみたいと考えている人がいると思います。
実は私は裏側矯正で、前歯の矯正をしました。
裏側矯正を検討している人なら、色々と調べて裏側矯正の利点や問題点も知っていると思いますが、
裏側矯正の問題点として言われる「しゃべりにくさ」について私の経験をお話します。

実際に歯の裏側に矯正装置を付けると、舌が当たるのでしゃべりにくいです。
でも一番最初は、しゃべりにくさよりも痛さでしゃべるのが嫌になります。
私はさ行とま行がしゃべりにくかったんですが、訓練次第で慣れる期間が短くなるそうです。
裏側矯正の専門サイトでも紹介されているので参考にして下さい。

もちろん個人差はありますが、1ヶ月も経てば慣れて普通にしゃべれるようになると思います。

関連記事


    仮歯が入ると、見た感じも不自然ではなくて、会話や食事などにも悩むことがありません。更に仮歯がある事により、処置を受けている歯が欠けてしまったり、歯列が乱れたりする事がありません。キシリトールはムシ歯を…


    口内の具合は当然のことながら、身体全部の状態も一緒に、かかりつけの歯科医師とたっぷり打ち合わせをしてから、インプラントの施術を開始するようにしてください。口臭の有無を自分の家族に質問できない人は、特に…


    歯列矯正により容姿に対する自信を持てず、心を煩わせている人も陽気さと誇りを再び手元にすることが可能になりますので、肉体的にも精神的にも充実感を手に入れることが可能です。親知らずを取り除く場合には、激し…


    審美歯科治療の現場で、汎用のセラミックを使用するには、つぎ歯の取り替えなどが活用法としてありますが、歯への詰め物等にも汎用的なセラミックを用いることができると考えられています。デンタルクリーニングを受…


    歯のレーザー治療法では、直接虫歯をレーザーで気化させ、おまけに歯の外側の硬度を向上し、不愉快なむし歯になりにくい状況にする事が実現します。歯の表面に歯垢がたまり、その箇所に唾液のなかに存在するカルシウ…