生酵素を飲むと下痢になるのは、好転反応であり副作用ではありません。
好転反応は体質が改善される過程によって一時的に症状が悪化する反応の事で、
急に下痢や腹痛がおきると、副作用だと思ってしまう人もいます。

一定期間を過ぎると急激に症状が改善されていくので、心配する必要はないのです。

生酵素は生きたまま腸まで届く酵素が含まれているので、
長年活発に動いていなかった腸が動き、
驚いて好転反応として下痢や腹痛になることがあります。
この他に好転反応には、頭痛や発疹など一般的な身体の不調が出たりします。
腸内環境が綺麗になっていくと、
溜め込んでいた毒素を排出していく期間が必要になります。
身体から毒素が出るまでにはどのくらいかかるのかは、
溜まっている毒素の量により異なります。
長いと数週間は続く場合がありますが、情報を正しく理解していれば慌てる事はありません。
好転反応が落ち着くのを待ち、好転反応が終わると体調がかなり良くなります。
ですから、症状が出ても急に飲むのを辞めないようにしましょう。
また腸内環境を改善する過程で排便回数が増え、
下痢と勘違いしてしまう事もあります。
いつもより柔らかい便が出る事もありますが、
腸内環境が整ってきている証拠ですので、心配はいりません。

興味のある方はこちらも参考にしてみてください⇒ 生酵素 副作用

関連記事