お肌が黒ずむと言うのはそれは肌がダメージを受けているという証拠になるのです。
肘や膝は自分ではそれほど意識しないものですが他人の目から見てみるとよく見える部位でありそのまま放置しておくとイメージが不潔な印象になってしまう恐れがあります。
これら肘膝が黒ずむ3つの原因を紹介していこうと思います。

①ゴシゴシ摩擦
摩擦はいろいろな場面で生んじています。
例えば洋服との摩擦、ぴったり履いてるズボン、その他にも机や床との摩擦によるものがあります。
こすれて摩擦がうんちやすくなってしまう化学繊維のものを避け、お肌に優しい綿素材などの服にするのは対策の1つです。
もしくはボディークリームなど摩擦が生んじやすい場所に塗っておくと言うのも効果的な対策になります。
さらに机の上に直接肘を置くから摩擦が生まれるのであるからそこにタオル1枚間だけでもかなり肘はガードすることができます。

②ギューギュー圧力
後は癖にもなりますが肘をつく人は黒ずむ形になります。
泥谷膝はとても圧力がかかりやすい場所になりますので皮膚の構造上顔とは違い、隠そうがかなり分厚くっております。
その確証が暑いとどうしても乾燥しやすくなってしまいくすみが目立ちやすくなると言うことが考えられます。
さらに角層が分厚いと乾燥しやすく肌が硬くなるという点も黒ずみの原因になります。

③カッサカサ乾燥
肘や膝は他の場所に比べて皮脂腺、汗腺が少なく、乾燥しやすいという特徴があります。
皮脂は皮膚表面をガードする役目ありますが、肘や膝は皮脂の分泌が少なく、皮膚をガードする力が弱いのです。
そうなるとバリア機能が低下しさらにダメージを受けやすくなってしまいます。そうすることにより黒ずみが発生してしまいます。
このようになってしまうと治りにくく黒ずみに長期間悩むことになるという悪循環が発生することになるのです。

黒ずみケアはただ保湿すればokというわけではないのです。
黒ずんでいる肘や膝は、皮膚表面と皮膚の奥の間に高野豆腐のような水分を含まない壁のようなものがあります。
高野豆腐を美味しく食べるには、水で戻す必要がありますよね。
肘や膝の皮膚も同じことが言えるのです。
水分をたっぷりと与えて皮膚を柔らかくさせなければ皮膚の中までしっかりと保湿効果は浸透できないのです。
しかし言葉では簡単ですがなかなかそうは簡単に皮膚が柔らかくなりません。
保湿ケアでは柔らかくならない時は同時に皮膚表面の古い角質を取り除くと効果が高まります。

参考:ラスター 口コミ

関連記事


    31歳女性 鼻の赤みと毛穴の開きに悩んでしろ彩を使用。肌に透明感、敏感肌でも使える点がとてもよい。 40歳女性 鼻と目の周辺の赤みと血管が浮き出ている悩みでしろ彩を使って2週間で赤みが薄くなり、透明感…


    潤い成分としてセラミドが配合されているスキンケア用のコスメを使いスキンケアをしています。 私の肌は乾燥肌で敏感肌なところもあります。 コスメによっては肌が荒れてしまうこともあります。 私がいま使ってす…


    “アトピスマイルは肌の潤いを保つクリームですが、よくある保湿クリームとはちょっと違います。 どんなところが違うのかといえば、肌の表面を覆ってバリアをするのではなく、 肌の奥底に浸透していき、肌の深層部…


    お尻のザラザラにフェアリームーン お尻のニキビやザラザラと乾燥した肌にはフェアリームーンを塗り込んで下さい。お尻に特化した美容成分をたくさん配合したジェルなんです。 フェアリームーン1つで期待できる…


    今話題のまつ毛専用美容液の中でも「ビューティーラッシュ」は売上実績が全世界という規模の中で200万本という素晴らしい数字を出しています。まつ毛を伸ばしたい方やアイメイクの手間を省きたい方には、自前の…